カラーを長持ちさせる秘訣


こんにちは、心斎橋の日航ホテルの真裏にあるOPAから徒歩3分の隠れ家サロン。
口コミで人気の美容室の一ninomae(ニノマエ)の似合わせマイスターのZONOこと西園です。

よく「どうしたらカラーの持ち良くなりますか?」

って聞かれます!

なので今回は気に入ったカラーを少しでも長持ちさせる秘訣を教えたいと思います。

IMG_3115

  • 髪の毛を染めた日は薬剤によって髪の状態が不安定になっています。

なので髪を洗ってしまうと色落ちや痛みの原因になりすので、
あまりオススメはできません。

(※濡れている時間が長いとどんどん色が抜けていってしまいます)

 

  • 髪の毛を洗う時のシャワーの温度は37℃前後

お湯が熱ければ汚れは落ちやすいですが髪にはダメージを与えます!

キューティクルがはがれやすくなり色がぬけやすくなります。

なので常温かぬるま湯がベスト!

 

  • シャンプーは泡立て頭皮を洗う

よくやりがちなのが、泡立ててないまま髪の毛を洗う、、、

これ間違いです!!!!

洗顔と同じでよく泡立てから髪の毛ではなく頭皮を洗いましょう!

(シャンプーやトリートメントをする際は、なるべく軽めにササッとします)

もし泡立たたないのであれば、一度髪の毛を流してもう一度シャンプーすると泡立てやすくなります。

 

  • リンスやコンディショナーではなくトリートメントを

これもよく聞かれます

リンスとコンディショナーとリンスの違い!

リンス=シャンプーの後の髪のきしみなどを良くし、手ざわりをよくする

コンディショナー=リンスに近いがリンスよりコーティング力がすこし強い

トリートメント=毛髪の内部に栄養分を入れダメージ補給する事ができる

なのでデイリー用トリートメントを毎日し、週に一度集中トリートメントすることをオススメします!

 

  • 濡れたまま放置しない

お顔と同じで洗顔後に化粧水や乳液や美容液を塗る様に髪の毛も一緒です。

洗い流さないトリートメントをつけてすぐドライヤーで乾かしましょう!!

オススメは海外セレブも愛用のアルガンオイル配合のモロッカンオイル

IMG_0024.JPG

 

  • 髪の毛にもUVケアを

この時期は紫外線が強いのでお肌と同じく髪の毛様の日焼け止めを!

 

2015-08-08 | Posted in 美容豆知識No Comments » 

関連記事